ふぅみんと一緒♪

物見遊山と社会科見学

ロイヤルヨット・ブリタニアで働く人たち

ロイヤルヨットには、20人の士官と220人の船員が働いていました。

 
職務や階級によって、その居室も違ってきます。
最上階にある、船長の部屋。
イメージ 1
イメージ 2
 
士官の食堂とラウンジ。 
日中はそれぞれ別に食事をしますが、夕食は全員そろってしたそうです。
イメージ 3
イメージ 4
 
船員の寝室とラウンジ。
イメージ 5
イメージ 6
 
医療室と郵便室。
イメージ 11
イメージ 12
 
洗濯室。 一日に何回も着替える乗組員の洗濯を一手に引き受けています。
イメージ 7
イメージ 8
 
エンジンルーム。 
かつて、ぴかぴかのエンジンを見たVIPが、「展示用の模型は見たけれど、本物のエンジンはどこ?」と聞いたという逸話があります。
イメージ 9
イメージ 10
 
イメージ 13
縁の下の力持ち。
技術者の部屋です。
1997年に船が引退したので、当時のコンピュータが展示されています。
 
上階の甲板から、下階のケーブルまで、浮遊人好みの風景がいっぱいの、ロイヤルヨットでした。
イメージ 14
イメージ 15